地域団体商標 淡路島たまねぎ

商標登録第5367312号

安心ブランドへの取り組み
旭洋淡路では熱心な生産農家との強い信頼と絆のもと、安全でおいしい淡路島たまねぎの販売に誇りを持って取り組んでおり、淡路島たまねぎのブランド維持向上のための取り組みとして「安心ブランド」PR事業に参加しています。

淡路島産たまねぎの歴史は、明治21年(1888年)に旧賀集村(現:南あわじ市)で試作したのが始まりとされ、戦後の品種改良と相まって昭和39年(1964年)に日本一の大産地となり全国ブランドに成長しました。

淡路玉葱商業協同組合は、昭和33年(1958年)に淡路島産たまねぎの集荷販売業者により設立された団体です。

また、地域団体商標「淡路島たまねぎ」をJA全農兵庫と共同で取得し地域ブランドの維持向上を行うとともに「淡路島たまねぎNext123」と策定し、産地の活性化のために取り組んでおります。